カップル・夫婦の為の温泉旅行

伊豆の温泉宿・旅館レポ  一覧に戻る

口コミ・おすすめ度 

静岡県 伊東市 富戸字花生場1209-46

花生の郷

伊豆高原温泉 旅館 花生の郷(はないけのさと)

2012年 11月12日

花生の郷 旅館外観

じゃらんネットあたりの口コミでも、人気・満足度の高い【花生の郷】さんにお世話になりました。

2012年11月現在、花生の郷には、公式ホームページ&パンフレットがない為、宿の写真やサービスの詳細等を知ることができず、旅行者のブログや予約サイトの口コミあたりでしか情報を得ることができません。

その為、どうしてこの宿がこれだけの高評価なのか、核心と確信を得ることができず、漠然と【口コミ、利用者の満足度が高く、リピーターの多い宿】という情報しか持っておりませんでした。

そこで、その調査も兼ね、自分でその良さを感じ、当サイトで自信を持って推薦できるようにと、今回、1泊でお世話になりました。

花の客室 玄関お着きのお茶菓子

客室数は全2室だけ、宿泊プランは1つだけ、という珍しくも、そこにポリシーを感じるような、伊豆高原の穴場的な小さな温泉宿です。

宿泊料金は、1人1泊【1万8千円】

一番上の写真は、旅館入口外観(客室の向きからすると裏側)で、すぐ上の2枚、左側は客室の玄関口、右側はお着きの時に戴いたお茶菓子です。

また、案内してくれた方の接客も、すごく当たり良く、心地よく、親切で「リピーターが多い」と言われる所以のひとつだと、まず確信しました!

さらに、予約や別注料理の注文時なども、電話でアレコレとお願いをしていたのですが、その時もすごく親切丁寧にして下さり、泊まりに行くのが本当に楽しみになるような、そんな対応をして頂きました。

その時の印象が強かった為に、お出迎えで出てこられたときに、「あ、電話で対応してくれた方だ」とすぐにわかり、なんだか安心したほどです。

客室

こちらは【花】の客室、10畳和室(2階)です。薄ピンクの壁と太い梁の内装が、シンプルな客室に心地よいインパクトを与え、天井も高く、落ち着いた空間になっています。

「海を臨む立地」という言葉を某サイトで見かけており、たしかに立地的には海に面していたのですが、言葉のイメージをそのままに、眺望として「海を望む」というロケーションではなかったことが少し残念に感じられました。

また、余計なものが一切なかったことにも、「全2室・プラン1択」の花生の郷らしさのようなものを感じて素敵だったのですが、金庫がなかったことだけは、どうしても気になってしまいました。

ご夫婦2人で経営されてるとのことで、安心といえば安心ですし、別に疑っているわけでは全くないのですが、「食事場所が別で、さらに布団敷きに伺う和室スタイル」ということは、少なくとも自分達がいない間に客室に誰か入るわけですから、やはり金庫はあった方が良かったと思います。1階のお風呂に入りに行くこともありますし。

私が心配性ということもありますし、気にならない方には気にならないかとは思いますが…、私としては、唯一、そこだけが気になりました。

花生の郷 客室露天風呂

上の写真は客室の露天風呂です。7畳ほどの広めのテラスに、石造りの露天風呂です。客室の時に触れたように、伊豆高原ということで海を期待した場合の眺望は良くはないのですが、目の前の緑が自然そのものの癒しを与えてくれます。

「山奥の大自然!」とはまた違い「森の中にいるような落ち着いた雰囲気の自然」です。秋の夕暮れの風を感じながら、遠くで、近くで、鳥のさえずりが聞こえてくる。まさに「癒し」でした!

温泉は無色透明で、湯船はそれほど広くはありませんが、この流れに「ドン!」と大きな露天風呂があるよりかは、逆に、このぐらいの方が風情があり、雰囲気にもマッチしていて良いような気がしました。

露天風呂からの長め小窓からの海

夕暮れの伊豆高原の海、この雰囲気、個人的に懐かしくもあり、すごく好きです!

左がテラスからの眺めで、右がテラス壁に空いた小さな覗き窓からの海です。客室の窓からも、右写真のように遠くに海を眺めることはできます。

花生の郷 食事場所

夕食朝食ともに、食事場所は1階の食事処、個室ではなく会食場を仕切りで仕切った個別の食事処(上写真・朝)です。

旬の食材、地の食材にこだわり、またその調理にも盛り付けにも、【こだわりと個性】を感じる料理の数々でした!

料理1料理2

食べ慣れているサザエや、サンマも「お!?サザエやサンマって、こんなに美味しくなるのか!?」と驚くほどの美味しさ!

口コミで満足度が高かった料理も、1品目から「納得」でした。

個人的に大好きな「伊豆牛」も少量ですが握りとして出てきて、すごく嬉しかったです。ただ、あの薄さであの調理だと、いまいち「伊豆牛の良さ・らしさ」が伝わってこなかったのが残念というか、いや、個人的に伊豆牛好きゆえに厳しいだけの感想ですが…

と言いますか、値段や料理との兼ね合いも当然ありますが、伊豆牛贔屓の私的には、あの状態だと「伊豆牛じゃなくて、他の肉でも同じに感じられてしまうかな…」と。

いやいや、花生の郷さんのあれら料理に少しでも文句をつけること自体、かなり恐れ多いほどの素晴らしい料理ばかりだったのですが、本当にそれだけ…、それだけが個人的にもったいなく感じてしまいました。

アワビの別注

上の写真は、今回、一番楽しみにしていた【アワビのお造り】です!

お値段なんと【1皿・1万円】!(時期や仕入れによって変動すると思います)

正直、市場価格や仕入れ相場、同価格程度の宿で出されている別注のアワビのサイズなども知っている為、別注を注文した際「1万円」と聞かされ、だいぶ心配になっていたのですが、これなら納得、満足。

こういう料理に関しては旅館にしろ料亭にしろ、表現は悪いですが、「ぼったくってなんぼ」みたいな部分もありますから、別注で1万円のアワビってどれだけボッたくられるんだろ…、と実は不安に思っておりました…。

そのアワビですが、お造りには、湯煎し味付けした肝と、殻長(縦の長さ)にして15cmほど。重さは個体差や種類もあるので感覚でですが、おそらく250~350グラムほどだと思います。

肝も味付けが絶妙で、本当に美味しかったです!

当然ながらですが、ひだひだの部分は固くて食べれませんでした。「せっかくの1万円!どうせなら食べ尽くす!」と思い、頑張ったのですが、笑えるほどに固くて、本当に食べようと思ったら、歯が先に壊れます…。皆様も無理はしないように(笑

伊勢海老

最後に伊勢海老です。洋食風にアレンジされ、ソースにも伊勢海老が使われていたと思います。こちらも美味しく頂きました!

上の方でも言いましたが、料理は、調理も味も見た目も、こだわりと個性を感じさせ、1品1品がどれも本当に美味しかったです!

量に関しては、実は、私が体調不良だったことに、大きなアワビの別注を頼んだことも重なり、判断し辛いところなのですが、お腹いっぱい、むしろ多いぐらいに感じましたので、若いカップルの方でも満足して頂けると思います。

貸切内湯館内の様子

左写真は、貸切の内湯で、右が館内の様子です。落ち着いた大人の雰囲気を感じます。

テラスから眺める星空

テラスから見えたとても綺麗な星空です!露天風呂に浸かりながらだと、屋根と格子で視界が遮られ空は見にくいのですが、見上げれば頭上には満天の星でした。

ちなみに、長時間露光ですので、手前の木々は実際にはこんなに明るく見えません。

花生の郷 朝の露天風呂

朝の露天風呂です。花生の郷のテラスは東方面を向いている為に、朝陽がとてもよく入ってきます。立ちのぼる湯気に朝の光が反射し、さらに目の前は緑、そして鳥のさえずり。なんとも清々しい朝の露天風呂でした!

花生の郷

全体的な感想としては、価格設定、ハード、ソフト面の両方においてバランスよく、コストパフォーマンスにもとても優れていると思いました。

たしかに、絶大なインパクトや強烈な印象には欠けてしまうことはたしかですが、あの美味しい料理に、親切な接客、細やかなサービス、客室や専用の露天風呂、そこに料金設定を考えると、満足で間違いないと思います!

接客に関しては、柔らかな雰囲気もあって、どことなく安心感があるといいますか、少し語弊があるかもですが、アットホームと言いますか。

丁寧はもちろんなのですが、仰々しい丁寧さではなく、そこに【親切】や【温かさ】を感じることのできる雰囲気でした。

おそらく、この辺りも宿としての落ち着きや癒し、口コミ評価の高さ、お客様の満足度、リピーターの獲得、に大きく貢献していることと思います。

また、布団敷き、布団上げの2回とも、露天風呂付近の整理整頓、及び、室内とテラス2ヶ所の灰皿の交換をして下さってあったり、お夜食や添え書き、タオル、アメニティ、チェックアウトは11時、などサービス面もすごく充実でした。

さらに、特筆すべきは、アワビの殻を持ち帰り用に煮沸消毒して準備して下さっていたことです。

【お持ち帰りになりたいというお客様が多いので、一応、準備してありますが、どうされますか?】と聞かれました。

これは、お客さんのことを考えた接客業・サービス業の中でも、個人的に最上級だと思っているサービスのひとつで、言ってしまえば、「わざわざそこまで自ら進んでやらなくても良いこと」であるし、「やらなくても不快に思われることもないし、そういう要望があってからやればいいこと」に分類されます。

これらを自ら進んでサービスできることって、本当に素晴らしいことですよ!

お客様の為に…、と「宣伝や営業」ではよく聞きますが、案外言ってるだけで最終的には自社利益だけしか頭になかったり、口ばっか、というのが実際のところです。どんな業種でも、本当に良心的でそういう精神を持っている人や業者でなければ、なかなかこういうサービスは出来ません。

ましてや、客単価や商品単価、利益率が決して高いとは言えない場合、余計にその精神が見え隠れするものです。

少し話が逸れてしまいましたが…、花生の郷さんは、とにかく前評判で見聞きしていた情報通り、素敵な宿でした!「どかん!」というインパクトはなくとも、「じわじわ」とその良さを体感できる宿であり、しっぽり穴場的という表現にも納得。

サイト上でもご説明している通り、個人の価値観がすべてですし、安い値段は失敗しやすいのも宿選びの現実ですが、伊豆高原で1万8千円、全2室、露天付き、料理も美味しいとなれば、失敗と感じる旅行者は少ないのではないでしょうか。

厳しい掲載基準を設けている当サイトでも花生の郷さんを掲載させて頂いておりますので、ご旅行の際には、是非、ご一考下さいませ。

旅館 花生の郷

全2室だけ、穴場的なしっぽり旅館

料金¥18,000~

全2室だけの穴場的しっぽり旅館。

1日2組だけだからこそなせる細やかなサービスと、客室専用露天での癒しの提供。

特に料理での満足度が非常に高く、鮮度抜群の地の食材を使った見た目も味も個性あるこだわりの料理。

旅行好きをも満足させ、リピート率も高い小さな温泉宿。

静かな環境で美味しい大人旅を楽しみたいカップルに特におすすめ。

静岡県 伊豆高原温泉


内湯 1

(部屋ごとの貸切制)


総客室数 2室

露天付 和室 (2)

【写真付き・宿詳細を見る】

カップル旅行で花生の郷へ行かれる方へ

まず、ひとつ、伊豆高原で海に面した立地ではありますが、海が目の前、というわけではないことにご注意下さい。

また、そういう意味でも、わかり易いインパクトを求める旅行、例えば、恋人との最初の旅行向きというよりは、少し付き合いの長い恋人と落ち着いた癒しの温泉旅行を満喫するといった旅行向きだと思います。

そういうところに、花生の郷さんの「旅行好きをも満足させる」といった魅力があるのだと思います。

と、個人的な勝手なイメージで語ってしまっていますが、コストパフォーマンスにとても優れている温泉宿ですので、若いカップルにも当然おすすめの旅館だと思います!

この他にも、カップルにおすすめできる「伊豆の温泉宿」を下のページで紹介しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

【カップルにおすすめの温泉宿】

伊豆半島の観光

近くのおすすめ「人気スポット」

観光・大室山のリフトと眺望

食事・ケニーズハウスカフェ

温泉・DHC赤沢日帰り温泉館

桜・伊豆高原の桜並木

近くで「カップルにおすすめの宿」

東伊豆でカップルにおすすめの宿

近くのおすすめ「人気温泉地」

【伊豆高原温泉】を見てみる

【熱海温泉】を見てみる

【伊東温泉】を見てみる

【 旅行レポート・口コミ 一覧に戻る 】

カップルなら「貸切温泉&混浴温泉!」

日本で最大級! カップル × 温泉旅行

「カップル&夫婦」の温泉旅行を応援するサイト

カップルの為の温泉旅行で二人日和

カップルの為の温泉旅行 トップに戻る

※各旅館・ホテル・観光名所・デートスポット・施設等をご利用の際は、必ずご自身で詳細等をご確認下さい。記載の内容を保証するものではございません。

※情報に誤りや更新、その他の皆様のおすすめ、カップルへのおすすめ等、何かございましたら【運営者・サイトマップ】よりご連絡頂けると幸いです。

(C)カップルの為の温泉旅行で二人日和

温泉旅行で二人日和
◆トップページ◆