カップルの為の温泉旅行で二人日和  http://futari-biyori.com/

管理人の旅行レポート

レポート種別

○温泉旅館・ホテル  ■レポ・一覧へ戻る
群馬県 吾妻郡 中之条町 四万3981-1  (四万温泉)

渓声の宿 いずみや

22時間ステイが嬉しい 全5室の小さな癒し宿

2012年 4月10日  天気・晴れ〜雨

 昨年の秋から半年、再度、群馬県四万温泉に行って来ました!

 今回お世話になったのは、全5室の小さな温泉宿、【渓声の宿・いずみや】さんで、プランは【夕食グレードアッププラン】、客室は半露天風呂付きの【水天】のお部屋です。

 宿泊料金は、1人1泊、【2万3千円】

渓声の宿・いずみや

いずみや玄関口

 上の写真は、外観写真です。道路沿いの玄関口になるのですが、宿としては「裏側」になるのでしょうか。

 この反対側が川に面していて、貸切の露天風呂や、客室の露天風呂からは、山景色と川景色を楽しむことができます。(写真下)

水天の半露天風呂

 チェックインは14時から、チェックアウトは12時と、ゆっくりしたい方や若いカップルにはとても嬉しい22時間ステイが通常プランで可能な温泉宿です。

 到着時、駐車場の場所がわかり辛く、宿の方に電話したところ、すぐに駆けつけて下さり、無事にチェックインを済ませることが出来ました。

 水天の客室

客室と露天風呂

 「水天」の客室は、露天・半露天付きの部屋の中では一番下のグレードですが、3階の最上階になります。【渓声の宿・いずみや】というだけあって、最上階ですが川の音がすぐ近くに聞こえ、とても癒される空間でした。

旅館いずみやの客室

 室内は、ミニテーブルと椅子が1セット、ローベットなどが配置されて一杯の広さなので、部屋自体は広くはありません

 ですが、カップル2名には十分だと思いますし、壁紙や窓枠、家具、内装などのインテリアは統一されており、狭いながらもセンスが良く、個人的にもとても好みの雰囲気でした。

 半露天風呂付き客室

 客室についている温泉の半露天風呂です。当サイト内のメインコンテンツでも少し触れておりますが、半露天風呂の定義・表現は曖昧で、その捉え方には個人差があるかと思います。

 いずみや「水天」の客室の半露天風呂は、写真のような雰囲気になります。

 壁と天井には囲われていますが、山を眺めることの出来る大きな窓からはたくさんの陽の光が差し、目の前には山景色、すぐ下を流れる川の音も心地よく、とても気持ちの良いお風呂となっていました。

 個人的には、ここまで【風と音と光】を感じられれば、壁と天井、窓があったとしても、半露天風呂だと思います。

いずみやの客室風呂

客室から露天風呂

 上写真のように、部屋からガラス越しで半露天の浴室となっており、ロールカーテンで仕切ることも可能でした。また、浴室にはシャワーとシャンプーなどが有り、ここで体を洗うことも可能です。脱衣所がない為、洗面台も浴室とセットになっています。

 湯船も女性が足を伸ばせるほどの広さがあり、ゆったりとくつろげる素敵なお風呂でした!

 あえて注文をつけるとすれば、バスタオルを乾かしておく「タオル掛け」の位置が微妙だったかなと。

 あの位置ですと、シャワーを使うとバスタオルが濡れますし、湯船に入ったときに溢れるお湯の跳ね返りでも濡れてしまいます。タオルが1セットしかありませんでしたので、お風呂を何度も利用する場合や、貸切風呂でも利用すること、さらに浴室内には湿気がたまり易いことを考えると、やはりあの場所でバスタオルを乾かしておくというのは、少し不便かなと感じました。

無料の貸切露天風呂

 さらに、「いずみや」さんには、無料で自由に利用できる貸切のお風呂が2つあります。

 1つは、上写真の貸切露天風呂で、天井はありますが窓はなく、開放的でした。この貸切風呂に限らず、いずみやさんは清掃が行き届いている為、宿全体的に清潔感があり綺麗だったのですが、この貸切風呂はリニューアルしたてなのか、さらに綺麗なお風呂となっていました。

無料の貸切内湯

宿から見える公共露天風呂

 上左写真は、もう1つの内湯貸切風呂です。広さもある為、こちらでもゆったりとくつろげます。

 ただ一つ、客室のお風呂、貸切のお風呂、ともに気になったのが、川向かいにある公共の露天風呂の存在です。右写真が客室のお風呂から見た公共露天風呂です。

 こちら側のお風呂には仕切りや簾などがありますので、湯船に入るまでの姿勢にさえ注意すれば見えないとは思いますが、気になる方には気になってしまうのかも知れません。私は全然気にしないタイプです。

 とは言え、この公共露天は夕方5時までの営業ですので、それ以降であれば気にする必要は全くありません!

グレードアッププラン・山の刺身

 夕食は、グレードアッププランということで、通常プランの料理に、【刺身の盛り合わせ】がついた食事です。

 自家製のこんにゃく、ニジマス、牛、馬、鹿、のお刺身で、本当に美味しかったです!

 写真に撮り損ねてしまったのですが、豚肉と大根を巻いた【上州豚年輪巻き】が素晴らしく美味しかったです!

 上州牛のステーキ

 上写真は、メインの【上州牛のステーキ】です。こちらもお肉が柔らかく、とても美味しかったです!

イワナの塩焼き

きのこの山菜グラタン

 他にも、【岩魚(イワナ)の塩焼き】や、旅館では意外だったキノコ・ナスの【山菜グラタン】などがあり、前菜では【椎茸・フキ・アナゴ・鴨・エシャレット】、先出しでは【ワラビ・コゴミ】、天婦羅の盛り合わせには【フキノトウ・キノコ類】など、山の幸をふんだんに使った山菜料理となっていました。

 また全体的に、かなりボリュームがあり、量が少ないと感じる人はほぼいない程のボリューム感でした。

 ですがその反面、個人的には弊害もあったように感じられました。

 大皿で出てくるグラタンの後に、天婦羅の盛り合わせ、これには「胃」が対処しきれない感がありました。

 両品を出すのであれば、少なくとも、グラタンのボリュームを落とすか、天婦羅をもっと軽めに仕上げるかをした方が良い気がしました。

 さらにもう1点気になったのが、グラタンにキノコ類が使われているのに、そのすぐ次に出てくる天婦羅にも同じキノコ類が使われ、さらに、その次に出てくる赤出汁にも同じキノコ類が使われていた点も気になりました。

 山菜ゆえに、時期的な問題、さらに料金的な問題等もあるのかも知れませんが、もう少し料理の順序に対する具材の分配が考慮されていたら、もっと良かったと思いました。

 先出し、前菜、メインと、スムーズな流れで美味しい料理を味わっていたのに、後半は量も多くなり、具材もかぶり出し、少し突っかえてしまうような感じを受けました。

 とは言え、若い人には敬遠されがちな山菜料理ですが、いずみやさんの山菜料理は若い人にも食べやすく、山の魅力を余すことなく味わえる食事でした。

 また、お米自体が良いのか、炊き方が良いのかはわかりませんでしたが、ご飯(白米)がとても美味しかったです!

いずみやの朝食

 上写真は、朝食です。こちらにも【フキノトウ・フキ・ウド】などの山菜が使われ、山の幸を楽しむことができます。

 ですが、朝食でも気になった点が、ワカメご飯に、ワカメの味噌汁、というダブルワカメな点です。通常は白いご飯で滅多にワカメご飯は出ないそうで、、、そのご好意に対して大変申し訳ないのですが…、山菜料理をウリにしているのであれば尚更、ご飯がワカメであるならば、お味噌汁はワカメじゃない方が良かった気がしました。

 もちろん、どちらも味は美味しかったのですが、夕食での後半同じキノコ類連発が気になっていたことで、ここでも余計に気になってしまったのかも知れません…

 また、フキノトウが苦手な為、夕食ではフキノトウを全て残してしまったのですが、朝食にもフキノトウが出てきた点も少し残念に感じました。

 「おもてなし」や「サービス」という面では、夕食の時点で、苦手かも知れないことに気づくか、それとなく確認してもらい、朝食では少し配慮してもらえると尚良かったと思います。

 …当然、苦手料理は先に伝えておくのが鉄則ですが、さすがに「フキノトウ」は見るまで思い浮かばなかったです…。

 それに、値段的にも、ここまで要求してしまうのは宿側にとっては酷な話かも知れませんが…、あくまで、【それが悪かったというわけではなく、そうあったら良かったなぁ】という話です。

食後のコーヒー

 夕食と朝食に関しては、何かと残念な点を挙げてしまいましたが、一般には市販していない大粒の群馬納豆は、大豆の風味が満天でとても美味しく、他にも、ブルーベリージュースや、お洒落なカップに入ったコーヒーなども食後に淹れて頂きました。

 また、何かと忙しない旅館の朝ですが、朝食は最終が9時30分、さらにチェックアウトも12時と、朝の時間もゆっくりと満喫することができました。

 朝が苦手なカップルや、朝忙しないのが嫌いな方にも、すごく嬉しい宿だと思いました!

いずみやのラウンジ

豊富なお酒

 上左写真は、ラウンジで、水天の客室の場合は朝夕ともに食事こちらになるようです。

 また、右写真のようにお酒の種類も豊富で、別注などで美味しいお酒と一緒に料理を楽しむこともできます!

バースデーケーキ・記念日プラン

 最後になりましが、実は今回は、誕生日でしたので、夕食の時にバースデーケーキ(4号)とハーフボトルの発泡ワイン(天使のアスティ)を用意して頂きました。

 ケーキを運んで来るときに、少しだけライトダウンして下さったり、食べ切れなかった為に保冷やナイフ、食器などの一式を部屋まで運んで下さったりと、有り難いサービスをして頂きました!

 さらに、朝食時に、夕食とは違う担当の方だったのですが、【お誕生日とお聞きしております、おめでとうございます】と声をかけてくれたりと、こちらにも感動しました。

 他にも、到着のお着きの時の案内から、浴衣のサイズ変更、夕食時、朝食時、チェックアウトの記念撮影から、雨の中、傘をさしてのお見送りまで、みなさん、とても気持ちの良い接客をして下さいました!

ハートハート

渓声の宿いずみや・四万温泉

 全体的に、宿自体、客室、露天風呂、接客、サービスなど、ほとんどが素敵だった為に、このレポートでは料理が辛口評価に見えてしまうかも知れません。

 ですが、センスある雰囲気の漂うこの小さな宿には、自然と渓声に包まれる露天風呂と、5つだけの客室が用意されています。

 ひなびた温泉地である四万温泉に、さらにより一層の癒しを与えてくれるのが、【渓声の宿いずみや】さんだと感じました。

 さらに、通常でも22時間も滞在できるというのは他の宿にはなかなか無い、極上のサービスであり、ゆったりとその癒しに身を任せ、温泉旅行を存分に楽しむことが出来ると思います!

 今回は露天・半露天付きの客室の中で一番下のグレードだったので、次は、上のグレードのお部屋にも泊まってみたいと思いました!

googlemap


 現在のところ、当サイト内では、「いずみや」の掲載はありません。

 クチコミや評価などは、下記の「じゃらんネット」をご参考下さい。

【 渓声の宿 いずみや】で検索

 

ハートハートハート

カップル旅行で「いずみや」を訪れる方へ

 ほっこり、まったり、ゆったり、と温泉旅行を楽しむのであれば、四万温泉と「渓声の宿・いずみや」はオススメです。

 無料の貸切風呂が2つある点もカップルにはオススメです。

 さらに、何と言っても、若いカップルには朝ゆっくりできる【チェックアウト12時】というのも大きな魅力のひとつかと思います。

 せっかくの旅行ですから、観光も楽しみたいところですが、日々の疲れを癒しにいくのであれば、22時間も宿で過ごせるのは嬉しいサービスです!

 また、当サイトでは、他にもカップルにおすすめの温泉宿を厳選して紹介しておりますので、そちらのページもご覧下さい。

【カップルにおすすめの厳選温泉宿】

ハートハートハート

【 管理人の旅行レポート 一覧に戻る 】

ハートハートハート

ハートハートハート


カップルの為の温泉旅行で二人日和

カップルの為の温泉旅行  旅館の口コミ

トップページへ戻る


ハートハートハート


※各施設、観光名所、デートスポットをご利用の際は、必ず、ご自身で詳細等をご確認下さい。

※あくまで、一人の旅行者の感想として、管理人の個人的な観点視点、感覚で書かせて頂いております。

※記載の施設・場所は、当サイトとしてオススメしている施設や場所とは限りません!当サイトとして、カップル向けに厳選しオススメしている施設&観光は、メインコンテンツより「管理人レポート以外のページ」へお進み下さい。このページは、あくまで管理人の個人的な旅行レポートです。

※また、記載の内容を保証するものではございません。

各ページ・サイトへのリンクは自由ですが、画像への直リンク及び、無断二次使用・無断二次転載はご遠慮下さい。また、ご連絡を頂ければ、多くの場合、ご使用を承諾致します。

※何かございましたら、【運営者・サイトマップ】より、管理人宛にご連絡下さいませ。

ハートハートハート

(C)カップルの為の温泉旅行応援サイト 【温泉旅行で二人日和】